Denture義歯・入れ歯

入れ歯が合わず、長年悩んでいる方!
Type

入れ歯が合わず、長年悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

入れ歯が合わず、長年悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

「患者様」「歯科医」「歯科技工士」の3者が連携し、ひとつひとつの工程を時間をかけて丁寧に、適切に行うことで、
しっかりと噛める入れ歯を作っていくのがわたなべ歯科医院の入れ歯(義歯)治療です。

入れ歯の治療にはリハビリが必要です。

義手、義足のリハビリと同様に時間をかけて自分の身体の一部として使えるようにしていきます。


入れ歯(義歯)について

入れ歯(義歯)についてDenture

保険を使って入れ歯(義歯)を作る場合には、義歯床がプラスチックのものになります。 プラスチックの入れ歯(義歯)は、義歯床が安定せずに違和感が強くなりやすかったり、残っている歯を痛める事があります。 義歯床を金属(金属床義歯)にすることで入れ歯を薄くすることができ、違和感の少ない入れ歯(義歯)を作れる可能性が高く、毎日の食事や会話をより自然に楽しむことができます。


金属床義歯とは

金属床義歯とはMetal

金属床義歯とは、義歯の裏面を金属のプレートで作製する義歯です。 保険適用の一般的なプラスチックで作製される義歯の場合、義歯の厚みは2~3ミリ程度ありますが、金属のプレートを用いればその厚みを1ミリ以下に抑えることが出来ます。 そのためものを食べるときや話す時の違和感が少なく、食べ物の温度も伝わりやすくなります。 また、金属は雑菌や汚れがつきにくいため、臭いが少なく衛生的です。更にプラスチックに比べて丈夫な金属を使うため、破損や変形が少なく丈夫な入れ歯を作る事が可能になります。

金属の義歯の種類
Type

  • コバルトクロム床
    コバルトクロム床
    長く入れ歯材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。薄くて丈夫で温度を感じることができ、快適な状態で長くお使いいただけます。比較的費用の負担が少ない金属床の入れ歯です。
  • チタン床
    チタン床
    チタンは金属アレルギーを引き起こしにくく、インプラントや人工関節に利用されるほど安全性の高い金属です。お口の中では金属味がほとんどありません。 非常に軽い金属で、重さはコバルトクロム合金の半分程度です。また薄くて丈夫で、耐食性、耐熱性に優れているため長く快適に使用できます。
  • ゴールド床(金床)
    ゴールド床(金床)
    昔から身体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。仕上がりの美しさはもとより加工しやすく、さまざまな形でピタッとフィットする入れ歯ができます。 お口になじみやすく心地よい接触感で、いろいろな食べ物の味もそのままおいしくいただけます。金属は再利用も可能です。
  • その他の入れ歯(バネの見えない入れ歯)
    その他の入れ歯(バネの見えない入れ歯)
    ノンクラスプデンチャー / 各種金属+ホワイトクラスプ
    ノンクラスプデンチャーとは、バネのない入れ歯のことで、ホワイトクラスプは白いバネを使用した入れ歯です。 どちらも金属のバネが無い、審美タイプの入れ歯です。ホワイトクラスプは、クラスプ部分が白く歯に近い色のため、入れ歯を入れていることに気付かれにくくなります。 また、外から見えない部分に金属を使用することで、適切な強度を確保する事が可能です。

当院の入れ歯治療について
Our dentures

入れ歯は丁寧に時間を掛ければ、必ずよい物が出来上がります。患者さんのデータを出来る限り正確に把握して、精度の高い治療を行うことが大切になります。 当医院では顎の運動を精密に記録し、さらに技工士と連携を密にすることで、より精度の高い義歯が制作できます。 また良い入れ歯を作るには多くの工程があります。様々な診査・診断・型取り・咬み合わせ採取などが必要になり、患者様のご協力も必要になります。 私たちも精密な治療を行う為には正しい手技をマスターする必要があり、セミナーに参加するなど精度を高めるため日々の勉強を大切にしています。

  • ドイツKavo社の咬合器を用いた入れ歯治療
    ドイツKavo社の咬合器を用いた入れ歯治療
    咬合器とは被せものを作るときに使用する精密機械です。Kavo社の咬合器は今現在日本で販売されている機械の中で、一番精度が高いといわれている咬合器の一つです。 入れ歯を作るには、まずお口の中の型どりをして模型を作ります。模型を取り付け、患者様の噛み合せの状態や、顎の関節の動きを再現するための装置を咬合器といいます。 またKavo社の咬合器では、顔の骨を計測できます。それにより噛む筋肉と入れ歯を垂直に出来るため、噛んだ時の違和感やガタツキを減らす事が可能です。
  • フェイスボートランスファ
    フェイスボートランスファ
    当医院では、フェイスボーという装置を用いて、咬合器上に上顎の骨と顎関節の位置関係を、実際と同じ位置に再現します。 普通は大体の位置で咬合器につけますが、フェスボーを使用する事により、個々の顎の運動がかなり正確に再現できるということになります。 この作業によって、患者様の顎の動きにあった入れ歯を作成する事ができます。
  • パルスメーターの使用
    パルスメーターの使用
    患者様が緊張している(筋肉が緊張している)と口腔内の状態は変わり、このまま噛み合わせをとってもずれてしまいます。 当医院では、緊張している方の噛み合わせを取る時は、パルスメーターで心拍数を計測し、落ち着いた状態で行います。
  • 噛み合わせの検査
    噛み合わせの検査
    当医院では、CBTという機器を使用し、噛んでる位置を検査出来ます。CBTとは今のかみ合わせが正しい位置で噛んでいるのか? もしずれてるなら、どの方向にどのくらいずれているのかが見て解る装置です。異常のない人が口を開けて閉じると、それぞれの歯が同じ位置に戻ってきます。 この検査ではこの位置が一定かどうかを検査します。